Raspberry Pi OS raspi-config

はてブ数 2023/12/14 22:11 OS別::Linuxその他::技術情報
Raspberry Pi を利用したサーバの、初期に行うべき手順で raspi-config を実行します。
対象は、Raspbian GNU/Linux 12 (bookworm) になります。


raspi-config

以前までの Raspberry Pi OS では raspi-config の nonint モードで全て設定できたのですが、Raspbian GNU/Linux 12 (bookworm) では、変更されたパッケージの影響等で以前のバージョンから利用できなくなっている nonint モードがあるので CUI で一通り設定します。
No項目説明
1System OptionsConfigure system settings
2Display OptionsConfigure display settings
3Interface OptionsConfigure connections to peripherals
4Performance OptionsConfigure performance settings
5Localisation OptionsConfigure language and regional settings
6Advanced OptionsConfigure advanced settings
8UpdateUpdate this tool to the latest version
9About raspi-configInformation about this configuration tool
7 が飛んでいますが、表示上も存在しません。

1 System Options

No項目説明
S1Wireless LANEnter SSID and passphrase
S2AudioSelect audio out through HDMI or 3.5mm jack
S3PasswordChange password for the 'jimba' user
S4HostnameSet name for this computer on a network
S5Boot / Auto LoginSelect boot into desktop or to command line
S6Splash ScreenChoose graphical splash screen or text boot
S7Power LEDSet behaviour of power LED
S8BrowserChoose default web browser
サーバー用途として設定するので、RPi OS インストール の通りに設定している場合は、上記項目 S5 のみが対象になると思います。
S5 Boot / Auto Login
ここでは B1 を選択して <了解> します。
No項目説明
B1ConsoleText console, requiring user to login
B2Console AutologinText console, automatically logged in as 'example' user
B3DesktopDesktop GUI, requiring user to login
B4Desktop AutologinDesktop GUI, automatically logged in as 'example' user

2 Display Options

以下の設定項目がありますが、特に設定変更するものはありません。
No項目説明
D1UnderscanRemove black border around screen
D2Screen BlankingEnable/disable screen blanking
D3VNC ResolutionSet resolution for headless use
D4CompositeEnable/disable composite output

3 Interface Options

以下の設定項目がありますが、RPi OS インストール の通りに設定している場合は、特に設定変更するものはありません。
No項目説明
I1SSHEnable/disable remote command line access using SSH
I2VNCEnable/disable graphical remote desktop access
I3SPIEnable/disable automatic loading of SPI kernel module
I4I2CEnable/disable automatic loading of I2C kernel module
I5Serial PortEnable/disable shell messages on the serial connection
I61-WireEnable/disable one-wire interface
I7Remote GPIOEnable/disable remote access to GPIO pins

4 Performance Options

以下の設定項目がありますが、特に設定変更するものはありません。
No項目説明
P2Overlay File System Enable/disable read-only file system

5 Localisation Options

以下の設定項目がありますが、RPi OS インストール の通りに設定している場合は、L4 のみの設定変更となります。
No項目説明
L1LocaleConfigure language and regional settings
L2TimezoneConfigure time zone
L3KeyboardSet keyboard layout to match your keyboard
L4WLAN CountrySet legal wireless channels for your country
L4 WLAN Country
「JP Japan」を選択して <了解> すると、次のメッセージが表示されます。
Wireless LAN country set to JP
これは、Wi-Fi で使う電波(周波数)の範囲を、それぞれの国の事情に合わせて指定するもののようです。
そのため設定しない場合、違法電波を出力することがあります。

6 Advanced Options

以下の設定項目がありますが、RPi OS インストール の通りに設定している場合は、特に設定変更するものはありません。
No項目説明
A1Expand FilesystemEnsures that all of the SD card is available
A2Network Interface NamesEnable/disable predictable network i/f names
A3Network Proxy SettingsConfigure network proxy settings
A6WaylandSwitch between X and Wayland backends
A7Audio ConfigSet audio control system

8 Update

以下のコマンドを実行したのと同じく、Raspberry Pi OS をアップデートします。
$ sudo apt -y update && sudo apt -y upgrade
どこかで実行する必要があるので、ここで update を実行しておきます。

9 About raspi-config

raspi-config についてメッセージが表示されます。
記事を作成した時点では、raspi-config は Version: 20231108 でした。