【php】if文の使いこなし

はてブ数 2020/06/10 20:11 その他::技術情報

PHP の if 文

基本

if 文の形式
if ( 判定式 ) {
 ~
} elseif ( 判定式 ) {
 ~
} else {
 ~
}
この使い方の elseif は else if と分けて書いても良い。
if ( 判定式 ) {
 ~
} else if ( 判定式 ) {
 ~
} else {
 ~
}
大かっこを使わずに記述する方法もある。
if ( 判定式 ):
 ~
elseif ( 判定式 ):
 ~
else:
 ~
endif;
この使い方の elseif は else if と分けて書くとエラーになる。
サンプル
<php
  if ( $a == $b ) {
    print("$a ({$a}) と $b ({$b}) は、同じ");
  } elseif ( $a > $b ) {
    print("$a ({$a}) は $b ({$b}) より大きい");
  } else {
    print("その他");
  }
?>
<?php
$a = 1;
$b = 3;
 
if( $a == 1 or $b == 1 ){
  echo '$aか$bのどちらかが1である。';
}
?>

凡例

条件指定

実際に使ってみたものをリストする。

変数を確認したいときは https://www.php.net/manual/ja/ref.var.php を参照する。

否定 は ! で行える。
整数の「0」や空文字「""」、未定義の変数などは FALSE として判定
isset()
変数が存在するかどうかを判定する。

存在し、Null 以外なら True
それ以外が False
empty()
変数の中身が空であるかどうかを判定する。
$Var = $_GET[xxx];

if ( empty($Var) ) {
  // (Null 以外の) 空なら True
} else {
  // なにか入っていれば False
}
$Var = $_GET[xxx];

if ( ! empty($Var) ) {
  // なにか入っていれば
} else {
  // (Null 以外の) 空
}
testhttp://ttm.jimba.ddo.jp/adiary.cgi/teraterm/index/macro/sample/login
testaa
testhttp://ttm.jimba.ddo.jp/adiary.cgi/teraterm/index/macro/sample/login#bb
test\#bb